すべすべの肌を手に入れるのに役立つ!脱毛方法3選

チクチク感を感じないクリームによる脱毛

効果は一時的ではあるものの、自宅でも手軽に行えるのがクリームを用いて毛を溶かすという脱毛方法です。剃るよりも効果は持続しやすく、また剃った後のチクチク感やブツブツ感などを感じずに済むというのも大きなメリットです。海で水着を着るなど、肌を露出する前に行うと良いでしょう。ただし、体質によってはクリームを塗ったせいで皮膚が炎症を起こしたり痒みが生じたりすることもあるので、初めて使う時はまず少量で試してみるのがいいですね。

電動式もある毛抜きによる脱毛

毛抜きやピンセットなどで毛を抜くという脱毛方法も自分で手軽に行うことができ、効果の持続時間はクリームを塗るよりもやや長めで、部位にもよりますが1~3週間ほどは保ちます。毛抜きには手動式のものの他に電動式のものがあり、広い範囲を一度に処理することが可能なので短時間で脱毛をしたい時に使うといいでしょう。ただし、毛を抜くと毛細血管が傷つき、それが再生する際に毛が太くなったり埋もれ毛が生じる可能性もあります。

肌に優しいフラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛はエステサロンなどで行われているもので、IPL脱毛、もしくは光脱毛とも呼ばれます。毛の色素に反応する光を肌に照射することで脱毛を行うというもので、施術時間が短くて済むのが特徴です。また、肌に優しく痛みや赤みが出にくいというメリットもあります。毛周期に合わせて2~3ヶ月ごとに脱毛を行うことにより、毛の無いすべすべの肌を保つことが可能です。ただし、細い毛や産毛などの脱毛が難しいという面もあります。

サロン選びを行う際には、オフィシャルホームページの内容を参考にするだけでなく、口コミサイトも積極的に閲覧することで、より効果的なサロン選びを行うことができます。銀座カラーの口コミでは、利用者ならではの様々な意見が多く掲載されているので、納得のいくサロン選びを行うことができます。


体験談!デリケートラインの脱毛をしましょう!

デリケートラインの脱毛をさぼると?

デリケートラインとは、Vラインのビキニライン、Iラインの女性器の周辺、Oラインの肛門のまわりやおしりのわれめに生えているの毛、の3つのムダ毛のことを言います。このなかで、Vラインの処理はきちんとしているけども、!ラインやOラインまでしっかり脱毛している女性は少ないと思います。また、自分の性器や肛門をきちんと見たことがなく、どれくらい無駄毛がはえているかわからない女性も少なく無いですよね。でも、一度鏡で見てみると、こんなに生えていたのか?と驚くはずです。

デリケートラインの脱毛方法は?

デリケートラインの脱毛は、場所が場所だけに、他人に見られるのが恥ずかしいので自分で無理してやっている人が多いと思います。しかし、女性器や肛門のまわりは、カミソリでそるのはかなり危険です。また、毛抜で抜くとしても、特にIラインとOラインの毛抜は毛の生えている方向に抜くのが困難でかなりの激痛を伴います。そこでおすすめするのが、家庭用の脱毛器です。家庭用の脱毛器でも最近のものはクウォリティーが高く、脱毛エステでつかっているものと遜色が無いんですよ。

家庭用脱毛器での脱毛のやり方は?

家庭用脱毛器の中でもフラッシュ脱毛を使うのがおすすめですよ。エステサロンでも、ほとんどがフラッシュ脱毛を使っています。その理由は、痛みが少ないこと、毛根からの脱毛なので毛が薄くなっていくこと(最終的には生えなくなります)、肌へのダメージがすくなく肌の黒ずみがしにくいことなどですね。しかし、エステサロンの大きな器具と違って時間がかかってしまうことがデメリットですね。でも、価格は安いですので、気軽にはじめて見てはいかがでしょうか。

脱毛は女性の皆さんが一度はしようかなと考えることだと思います。もし脱毛するのなら脇だけではなく、全身してしまいたいと思う方も多いのではないでしょうか。その際大切なのはサロン選びです。現在は簡単に情報を得ることができるので全身脱毛の口コミなどで検索をかけきちんとしたサロンで脱毛を受けるよう心がけてください。


いまさら聞けないセルフケアの脱毛が危険なわけとは

角質層を削ってしまいます

脱毛サロンが流行っていますが、リーズナブルで簡単なカミソリで処理している女性は多いようです。しかしカミソリは使い方を間違えるとムダ毛だけでなく、肌のバリア機能を果たしている角質も削り取ってしまうのです。衛生的だし掃除も楽なのでお風呂で剃っている方が多いようですが、実はこれはお肌には大変危険な行為なのです。ふやけた角質をさらに削り取る恐れがあるのです。オイルや乳液などを塗ってカミソリの滑りをよくしてから、毛の流れに沿って優しく肌を滑らせるのが正しいシェービング方法なのです。

毛抜きは毛穴に大きな負担を与えます

それなら毛抜きなら肌を傷付けないからいいだろうという考えも大間違いです。一見毛抜きは毛を根元から抜けるので肌にやさしいイメージがありますが、実は毛抜きで毛を抜く際に毛穴には非常に大きな力がかかります。それに毛抜きで毎回きれいに抜けるわけではなく、途中で切れたり毛穴や肌を傷付けることもあるのです。傷になって跡が残っては大変ですし、傷付いた毛穴が癒着して毛の出口がなくなり、埋没毛になる危険性もあるのです。

長年続けると肌はボロボロに

このようにカミソリや毛抜きを使った自己処理は百害あって一利なしなのです。でもムダ毛は処理しないといけないとなると、脱毛サロンや美容皮膚科などの専門機関で脱毛することになるのです。費用の問題やスケジュールの問題でなかなか通えない人も多いですが、やはりこういった専門機関でないと肌に負担をかけずに脱毛は難しいのです。ただ、最近では自宅用の光脱毛器なども登場しています。値段は高いですが、全身脱毛のコースに申し込むよりは安いので、候補の1つとしてあげてもいいでしょう。

ムダ毛を根絶するために医療脱毛をする人が多いです。通い続けていけばムダ毛を薄くすることが可能なので医療機関での脱毛はとても大きな効果があります。肌に優しい安全な脱毛方法なのでムダ毛のことを安心して任せられます。医療機関でしっかりと脱毛をしてもらうことでムダ毛の生えてくるスピードが遅くなってムダ毛を無くせるのです。